入江陵介の筋肉すご過ぎ!トレーニングしてあの肉体美になる方法は?

入江陵介

来月に福岡で開催が迫った、世界水泳

日本代表のベテランとして出場が決まっている、入江陵介選手

そんな長くにわたり活躍されている入江選手ですが、長く活躍するためにどのようなトレーニングをされていたり、食生活に気をつかっているのでしょうか?

本記事では入江選手のトレーニング方法と食生活について迫っていきます。

ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです!

入江陵介の筋肉がすごい!どんなトレーニングをしてるの?

入江選手ですが、写真を見ていただけたら、一目でわかると思いますが、腹筋はバキバキ胸筋や背筋もかなり大きく、素晴らしい身体をしている事がわかります。

そんな入江選手のトレーニング方法はどのような物なのかについて迫っていきます。

バトルロープ

上記は入江選手が昔Instagramに投稿されていた動画です。

バトルロープを使ったトレーニングですね。

太くて重いロープを使い、肩の筋肉や背筋などを大きく鍛えられるトレーニング法です。

ワイパートレーニング

続いても、過去に入江選手のInstagramにあげられていた動画からです。

バーにぶら下がりながら両足をあげ、ワイパーのように左右に降るトレーニングです。

腹斜筋腹直筋に大きく負荷がかかるそうです。

確かに見ているだけでかなりきつそうですし、初心者の方はまず足をあげた状態で固定するのがきついのではないかと思うのでかなり、上級者向けのトレーニングだという事がわかります。

Youtubeに上がっていた体幹トレーニング!

入江さんがいつも行っているトレーニングを、自ら解説されていた動画がYoutubeにありました。

四つん這いになり、ドローイン(へそをひっこめてお腹に力を入れる動作)を行いながら、手と足をあげて腹横筋を鍛えるトレーニングですね。

このトレーニングを行う事で体幹を鍛えられる点は、より競技に直結してきそうですよね!

無駄なことはしない

入江選手がトレーニングで大切にしている事について語られていました。

日々のトレーニングでずっと高いモチベーションをキープし続けるのは難しいです。でも、結果というのは日々の練習の積み重ねによるものだと思うんです。ですから、やる気が起こらないときでも、ムダなことをしない、ということを大切にして練習に取り組んでいます。

descente引用

毎日、全ての練習をこなす事は、疲れるしモチベーションを保つのが、すごく大変だけど、「練習のここだけは頑張る」と決める事で無駄のない練習をしているんだとか。

トレーニングについていくつか紹介しましたが、これはほんの一部に過ぎないと思います。

やはり、どんなトレーニングも日々を大切に継続する事が一番大切、という事ですね!

入江陵介の筋肉がすごい!どんな食生活をしているの?

アスリートは、練習も大切ですが、食も本当に大切になってくると思います。

では、ここまで入江選手のトレーニング方について紹介してきましたが、食生活で気をつけている事はあるのでしょうか?

昔は貧血だった?分けて食事する工夫。

入江選手は子供の頃、貧血気味だったそうです。また体重が落ちやすく、細身になりやすい体質だったそうです。

「小学校、中学校の時に朝礼とかで長く立つことができなかったんですよね。長く立ってるとちょっと血色が悪くなってフラーっと倒れてしまったり、しゃがみこんでしまうことが多かったです」

きのこらぼ引用

と語っています。

元から貧血になりやすい体質なのかもしれませんが、

やはり小中学生のような、まだ体が育っていない時期に朝練もこなすハードな練習を行なっていたのも原因と思われますね。

1度に多く食べれる方ではなかったので、食べる回数を増やしたり朝練前と朝練後に分けて食べるなど、工夫をしていたそうです。

また親御さんのサポートも大きかったそうです。

「お昼ご飯とかもずっとお弁当を作ってくれてましたし、補食のような、パッと食べれるおにぎりやパンを持たせてもらったりしていました。小学生の頃も練習終わって家に着くまで、車で30分くらいかかってたので、その間に車の中で食べたりするようなものを持って来てもらったりしていました。その点はありがたかったです」

きのこらぼ引用

と、親への感謝を語っています。

自炊もする!

入江選手は2017年のアメリカでのトレーニングの際に自炊を始めたそうです。

普段はトレーニング場の寮で食事を取りますが、オフの日は自分で作っているみたいですよ!

得意料理を聞かれた際には

「ハンバーグはよく作っていました。煮込みハンバーグとかは一気にいっぱい作って、作り置きしていましたね。また、圧力鍋を使い、じゃがいも、にんじん、きのこなども入れて自分なりに栄養を考えて入れて煮込んだりしています」

きのこらぼ引用

と語っています。

食事に関しては、栄養士さんの元、バランスが良いものを3食、しっかり食べるのが基本みたいで、後は、自炊をする時もあるといった形みたいですね。

本人もあまり特別な事はしていませんと語っています

その他にも、入江選手は、リカバリーに関しては、マッサージやトレーナーさんとの相談そして、8時間以上の睡眠など、食生活以外にも、大切にしている点が沢山ありました。

【まとめ】入江陵介の筋肉がすごすぎる!

ここまで入江選手のトレーニングと食生活についてまとめてみました。

・バトルロープや、ワイパートレーニングなどの筋力を鍛えるトレーニング

・体幹をしっかり鍛えるトレーニング

・日々を大切に無駄な事はしない

・食生活は、分けて食べるなど工夫している

・自炊では、ハンバーグを良く作る

という事がわかりました!

何かもの凄く特別な事をしている訳ではないですが、入江選手は、毎日継続し、自分にストイックに生活されている事は間違いなさそうですし、日々を大切にしているからこそ長く活躍できるのかもしれませんね!

そんな入江選手が、出場する世界水泳は7月14日から開催されます!

是非応援しましょう!

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました!

イベントオススメ情報スポーツ
渡邉をフォローする
yadokariblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました