服部理江がかわいいけど家族はいるの?さくら保育園虐待の実態

園児虐待

静岡県裾野町の保育園で、園児に対しての虐待が行われていたとして、

元保育士の女性3名が逮捕される事件がありました。

逮捕されたのは、

三浦佐知さん(30)、小松香織さん(38)、服部理江さん(39)

3名とも同じ、「さくら保育園」の元保育士で、園に通う子ども達への虐待があったとの容疑にかけられています。

そんな中、容疑にかけられた一人の服部理江さん(39)がかわいいとの話題にもなっておりますが、

確かにニュース映像では見るからに優しそうな笑顔をされている服部理江さんですが、

虐待に及んだその背景には何があったのでしょうか?

また、服部理江さんに家族はいるのでしょうか?

服部理江がかわいいけど家族はいるの?

元保育士の3名は全員既婚者で、

服部理江さんにも夫と3人の子どもがいると言われています。

園児の頭をバインダーで叩くなどの容疑で、児童虐待とされている服部理江さんですが、家庭ではどのような母親だったのでしょうか。

一部の記事では、服部理江さんの自宅からは普段から怒声が聞こえていて、子どもに対して荒々しい態度で接しており、「元ヤン」なのでは?と書かれているものもありました。

取材

しかし、報道による現地取材においては、服部理江さんを知る人からは、
・怒鳴り声なんて聞こえない
・暴力を振るうような雰囲気は無く、そう見えなかった
・夫と小学生以下の子ども三人と仲良さそうな家族だった

との印象だったようです。

母親のまさかの逮捕に、旦那様や子ども達はさぞショックを受けていることでしょう。

旦那様の個人情報までさらされてしまっているとも聞きますが、
小さなお子さんもいて、容疑とは関係のない旦那さまのことも追い詰めるのは、やりすぎなのではないでしょうか。

突然、母親と離れることになってしまった3人の子ども達の精神的ショックを支えながら、子育て生活を送っていくことになると思うと、

とても気の毒でなりません。

服部理江の虐待の背景

逮捕された元保育士が働いていた「さくら保育園」では、

5年前から園長先生が変わったことで、園の雰囲気が悪くなっていったとも話されています。

園長先生は、園の畑仕事ばがりをしていて、園児のことは何も見ようとしていなかったのだとか。

さらに、今回の虐待が発覚していたのは6月のことですが、
8月に裾野市に対しての園からの内部告発により情報提供があったことで市から調査の指示が出ております。

その結果、園が独自で行った調査において、3人の保育士が虐待の事案を認めたとされています。
その後の9月には3人の保育士に対して出勤停止などの処分を行ったようです。

しかしその後、

10月下旬には、園が「虐待行為を口外しない」など旨の誓約書を全職員に書かせています。

そうです、園は虐待行為の隠蔽を図ったことになります。

園を代表する園長は、子ども達を傷つけてしまった事実から逃げて、自分の身を守ろうとしたのです。

そのような園としての実態があり、またコロナ禍での対応や過重労働の状況になって2年以上もの間、職員にも不安定なまま業務を行っていたことになります。

罪は許されることではありませんが、保育士にも精神的ストレスが過剰にかかっている状態であったことは想像できます。

今回の「さくら保育園」での事案に対して、11月30日に臨時記者会見が行われ、裾野市長から謝罪と説明がなされました。

まとめ

以上、今回は静岡県裾野市の保育園で起きた虐待事件について、

容疑をかけられている元保育士の服部理江さんについて調査してみました。

最後までご拝読ありがとうございました。

時事ニュース
やどかりをフォローする
yadokariblog

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました