羽生結弦の本当の離婚理由は何?誹謗中傷以外にも原因があったとの噂

羽生結弦

プロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが、2023年11月17日深夜、X(旧Twitter)で離婚を発表しました。

衝撃的なニュースに、皆さんが驚かれたと思います。
2023年8月4日に電撃結婚のニュースからわずか105日のスピード離婚に世間では頭がついて行かないという方も多いと思います。

そこで今回は、離婚理由は誹謗中傷以外にも何かあったのではないかと思い調べてみましたしてみました。

羽生結弦の本当の離婚理由は?

羽生結弦

2023年8月4日の「羽生結弦電撃結婚!」のニュースが速報で流れてからわずか4ヶ月も経たないうちに、離婚報道が発表され日本だけではなく世界中のニュースにもなりました。

2023年11月17日深夜に羽生結弦さんが離婚に至った経緯を、X(旧Twitter)に以下のように書かれていました。

応援してくださっている皆様へ

いつも暖かいお言葉や応援、ご声援、本当にありがとうございます。

私事ではありますが、皆様にお伝えしたいことがございます。

私は、一般の方と結婚いたしました。

互いを心から尊敬し、大切にしていく覚悟を持って結婚いたしました。

それぞれを守るために様々なことを考えながら共に乗り越え、過ごしてきました。

そんな生活の中で、お相手は、家から一歩も外に出られない状況が続いても、私を守るために行動し、支えてくれていました。

現在、様々なメディア媒体で、一般人であるお相手、そのご親族や関係者の方々に対して、そして、私の親族、関係者に対しても、誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道がなされています。生活空間においても、不審な車や人物に徘徊されることや、突然声をかけられることもあります。

私たちは、共に思い悩みながらも、このような事態から、互いをなんとか守っていけるように努めてきました。

しかし、私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした。

このような状況が続いていく可能性と、一時改善されたとしても再びこのような状況になってしまう可能性がある中で、これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました。

これからは、一般人であるお相手、そのご親族や関係者の方々、また、私の親族、関係者に対しての誹謗中傷や無許可の取材、報道等、迷惑行為はおやめください。

心より、お願い申し上げます。

この先も、前に進んでいきます。

これからも、よろしくお願いいたします。

羽生結弦

結婚生活が僅か約3ヶ月に終わってしまった理由は、誹謗中傷やストーカー行為、過度な取材やつきまとい行為などに悩まされ、お互いの幸せのために離婚することになったと発表されているが、それ以外にも何か理由があったのではないかと思い、調べてみました。

離婚理由に両親が関係している?
羽生結弦

羽生結弦さんの両親というより、母親が離婚に関係しているのではないかと噂になっています。
羽生結弦さんの練習の時にはいつも母親がいてました^^

そして、仙台のマンションの最上階を2部屋購入し隣に両親が暮らしていたのも有名な話です。
これまで、ずっと母親が隣にいてる事が当たり前の生活を送っていたので、結婚してからも母親は近くにいたと言われています^^
新婚生活に母親が常に隣にいるとなると、とても生活は息苦しさがあったと思います。

羽生結弦の母親は、2人の結婚には反対していたと言われているので、あくまで噂ですが離婚原因に母親が関係しているかも知れませんね…。

住んでいる世界観が違い合わなかった

プロのアーティストと、プロのアスリートでは生活の習慣であったり、食生活も大きく違うかったのではないでしょうか?
しかし、結婚に至るまでにはお互いにその辺りは理解し、上手く結婚生活を送っていけると思い電撃結婚したと思います。

羽生結弦さんの元妻、末延麻裕子(すえのぶ まゆこ)さんも献身的に食事面をサポートしようと思っていたけれど、末延さんも仕事をしているのでなかなか難しい問題でもあったと思います。

羽生結弦さんが海外生活時も同行していた母親と、姉の2人が徹底して管理していたと言われています。また練習の送迎などを行う父親の存在もあり、元妻が家族の輪に入り込めなかったのではないか…。

羽生結弦の離婚報道で世間が感じている違和感

羽生結弦

相手の幸せを望んでの「離婚」を決断した羽生結弦さんですが、世間では初めは同情する意見も多かったのですが、時間が経つにつれ何か腑に落ちないと言った声がたくさん上がってきました。

まず、羽生さんの場合は、結婚の事実は伝えたいが、妻となった女性については一切触れてほしくなかったという思いと、世間では相手は誰なのかもちろん気になる事で、マスコミが相手探しに必死になることは目に見えてわかっていたはずなので、取材をしようと押し寄せるのは想定内ではなかったのかという意見が多みられました。

「地元紙からしたら地元に貢献していたヴァイオリニストの宝で祝福していたのに、3ヶ月で離別とは何事かと思う気持ちもわかります」と元妻の地元の方がスピード離婚に納得できない、離婚という選択の他に解決策があったのではないのかと怒りの声も多かったです。

羽生結弦さんは「1度も妻という言葉が出て来ない」と指摘している方も多かったですね。

誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道が毎日休まず行われていたのであれば、しばらく海外に拠点を移し生活をしていれば、離婚に追い込まれることはなかったかも知れませんね。

【まとめ】羽生結弦の離婚の本当の理由は?

今回は羽生結弦さんの離婚の本当の理由は何か調べてみました。

誹謗中傷やストーカー行為、過度な取材やつきまとい行為などに悩まされ、お互いの幸せのために離婚することになったと発表されましたが、離婚理由はそれだけではなく羽生結弦さんの母親が2人の結婚を反対していたり、羽生家の輪の中に入りにくかったのではないかとも言われています。

結婚するということは、2人だけの問題ではなくお互いの家族も関わってくるので、2人が思い描いていた結婚生活を送ることが難しかったと思います。

離婚してしまったことは悲しいニュースでしたが、2人にはこれから幸せになってもらいたいですね♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポーツ時事ニュース
シェアする
たけどらをフォローする
yadokariblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました