【深田恭子さんと年内結婚!?】杉本宏之さんの経歴から人柄リサーチ

エンタメ

新年を迎えて、「深田恭子さんの年内結婚」のニュースが舞い込んできたのは、

皆様もご存知ですよね。

それで、深田恭子さんの結婚相手となる。 起業家の杉本宏之さんですが。

結婚報道のコメントに、みんなの深キョンを心配する声が多かった。。。

なんでも、皆さんは杉本宏之さんの経歴から杉本宏之さんが、結婚には向いていない。と。

感じている人が多いようです。

なぜ、そのようなコメントが多いのか。

私も、自分自身で杉本宏之さんの人柄について、経歴からリサーチしてみました。


杉本宏之さんの経歴


プロフィール

名  前 : 杉本 宏之(すぎもと ひろゆき)
生年月日 : 1977年6月25日
年  齢 : 44歳
出 身 地  : 茨城県
会社・役職: 株式会社シーラホールディングス 取締役会長

日本の起業家として、
不動産の売買、賃貸、管理及び仲介、マンション開発等を事業としている株式会社シーラホールディングスを立ち上げ、コロナ禍においても業績を上げていけるほどの経営力で、かなりの敏腕起業家です。


事業経歴

1997年
20歳の時 投資用ワンルーム販売会社である株式会社東光マンションセンターに就職。
入社3年目で100人以上の社員がいる中、トップセールスマンとなる。
約5年の経験を積んだ後、自ら起業することを決意する。

2001年12月
自ら起業株式会社エスグラントコーポレーションを設立。
代表取締役として、デザイナーズワンルームマンションに特化した不動産販売を展開します。
設立当初には、売上が少なく、給与は無かったと言うが。
そのことから、社員に対しても歩合給をいれることができなかった。
ご自身の書籍の中で「社員たちは会社の状態を知っても辞職せず、「ボーナスを返上したい」と、奮闘し、この時を堺に会社が良い雰囲気に一変した。」と、話しているようです。

2005年12月
設立4年目にて、業界史上最年少、史上最短で、株式上場を果たす。
ワンルームマンション事業に加え、事業用不動産の売買等にて順調に売上高を伸ばしてきた。

2008年9月
リーマン・ショックの煽りを受け、2009年3月に民事再生法の適用を申請した。
約400億円の負債を抱え、自己破産に追い込まれた。

※経営破綻にも追い込まれ、お金が無くなった途端に、多くの人が離れていた現実に大変ショックを受けた。裏切られて打ちひしがれていた状況下にも、杉本さんの味方になってくれる社員もおり、そんな社員たちが厳しい局面で力を発揮してくれている。
「今こそ恩を返すときですよね!」と、言ってくれた社員もいる。
そんな人達がいてくれたから、もう一度奮起することができた。と、本人は話しています。

2010年
民事再生から半年後。 株式会社シーラホールディングスを創業。
エスグラントコーポレーション時代に交流があった同世代の起業家4人の協力により資金援助を受けている。

お客様ニーズを追求した、不動産販売を手堅く継続し、コツコツと業績を伸ばしてきた。

2019年
グループ会社7社、売上高200億円を超えるまでに成長している。

と、現在でこそ起業家であり、資産家の顔を持つ杉本宏之さんですが、
会社経営においては、順調なだけではなく。 かなりの苦労もされてきております。

苦労人とも言われているだけに、仕事においては、信頼も厚く。
自他共に認める成功者であるように思われますが。

ではなぜ、杉本宏之さんが結婚には不向きと思われるのか。

それには、理由がありました。


杉本宏之さんの結婚歴

どうやら、深キョンの結婚が不安視されてしまうのは、

杉本宏之さんの結婚歴にありそうなのです。

杉本宏之さんには、これまでに2度の離婚歴があります。

ですが、個人的には。 必ずしも、離婚の原因がすべて杉本さんの影響では無いと感じましたし。

離婚歴 = 結婚不適合 と、考えるのは、ちょっと浅い考え方なのかな?と、思います。

その理由はですね。

会社の経営不振

と、

国籍の壁

にあるのかと、感じました。


まず一人目の奥様は、一般人の方です

はじめに立ち上げた会社が上場された頃にご結婚されており、夫婦ともに仲良い印象だったようですが、

会社も順調でしたが。

起きてしまったリーマンショック。

どんどん生活も苦しくなり、会社の為にと精神的にも疲れ果てた杉本さんを支えていくのにも

奥様も疲れ切っていたようです。 いつしか、夫婦間もすれ違いが起きてしまったのか。

奥様から、離婚届を差し出された杉本さんは、素直に了承したようです。

それに、400億もの負債をかかえてしまい、奥様へ負担をかけるわけにはいかない。

との思いもあったようですね。 

悲しくなってしまいますが、

結婚生活3年ほどで、離婚をされているようです。


2人目の奥様は韓国の女優

経営破綻から、もう一度会社を立て直しにかかった頃に、

韓国人の女優さんと結婚しているようです。

ですが、当時の奥様は、韓国での芸能活動やビジネスをしたいという意志があり、

杉本さんも会社を置いて、日本を離れるわけにもいきませんよね。

2018年には、韓国人の奥様とも協議離婚をされているようです。

とまあ、あくまで。 私個人の見解も交えておりますが。

以上の理由が本当であれば、離婚理由のすべてが杉本宏之さんのせい?とは、いい難いのではないでしょうか。


杉本宏之さんの人柄

2021年に深田恭子さんが、適応障害との診断で、お仕事を休まれることになった時も、杉本さんがとても支えてなっていたことを、関係者の方は話しているようです。

会社経営を通して、人生のどん底を身をもって体験し、
幼少期も、幼い頃に母親を亡くされ、父親から傷害を受けるなどの壮絶な人生を生きてこられているようです。

何よりも、苦しい時に力になってくれた仲間を裏切らない。

「働いてくれている社員を裏切らない」 経営理念を持って、たくましく生きていらっしゃいます。

そのような人柄に、深田恭子さんも惹かれたのでは、ないでしょうか。


まとめ

・ネットで結婚を批判するほど、杉本宏之さんは悪い人では無いと思う。
 むしろ、一生懸命に自分の人生を全うしてきただけ。
・深田恭子さんの結婚も、深田恭子さんが選んだ相手であり、相思相愛なのであれば、応援するべき。

かと、思いました。 以上です。


エンタメ時事ニュース
やどかりをフォローする
yadokariblog

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました