好き!小野花梨が好かれる理由と評判は?演技も性格もいうことなし?

小野花梨

最近公開された映画「ハケンアニメ!」で、若き天才アニメーターを演じた小野花梨さん。

若いながらも、仕事に対する熱意と執念を持つものの、自分の人生には不満や不安がある。そんな彼の役を見事に表現し、少ない出演時間でも印象に残る演技をしました。

その結果、日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得するなど、その演技力は高く評価されています。

そんな小野さんですが演技ももちろんですが、世間からの人気も高いです。

今回は、そんな小野さんの好かれる理由や高い演技力を支える秘訣などを紹介していきたいと思います。

小野花梨が好き!といわれる理由は?

小野花梨さんがなぜ人気が高いのか?

その理由を詳しく説明していきたいと思います。

まず小野さんは、2006年放送のドラマ「嫌われ松子の一生」で子役としてデビューするなど、早くから芸能界で活躍していました。

小野花梨
8歳ながらも「嫌われ松子の一生」に出演した小野花梨さん

役者界での活動が長いことが人気が高いことの一つだと考えます。

そのような幼い時から、演技の世界にいたために今のような高い演技力を持ち合わせているのではないかと考えます。

また、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』や2023年放送の『初恋、ざらり』といった話題のドラマにも出演しています。

そのため、今まで以上に多くの視聴者の目に留まるようになり、それに比例して小野さんの人気も増えていると考えられます。

それに加えて、小野さんが人気なのは、謙虚な性格も関係しているようです。

小野さんは、関係者から性格が良いと言われています。

小野さんは演技力が高く評価されていますが、「自分の過去の作品を振り返ると自分の演技で納得できるものは1つもない」と語っています。

そんな、小野花梨の謙虚で控え目な性格も人気を得る理由の1つなのではないでしょうか?

小野花梨はなぜ演技が上手い?

今では、日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得するほど高い演技力を持つ小野花梨さん。そんな、高い演技力を支えているものは何なのでしょうか?

まず挙げられるのは、役に対して深く考察することです。

ドラマ「初恋、ざらり」では、軽度の知的障害と自閉症を抱えている上戸有紗を演じました。非常にセンシティブで難しい役柄でしたが、そんな役でもうまく演じきれたのは、役に対する深い研究があったからだと思います。

実際に有紗と同じ症状で不自由な思いをしている当事者の方たちがいて、表現の仕方など繊細さが必要な役で、少なからず恐怖心もあります。

恋愛的なシーンでの、自分で勝手に不安になって相手を傷つけてしまって、その事実に自分も傷つく。相手を思うがゆえにすれ違ってしまうというところは、私も共感を覚える部分で。多くの人がプライドや理性で呑み込んでしまう言葉を有紗は言ってしまったり、逆に考えすぎるがゆえに言えなかったり。そういう個性はあるけれど、根底の感情に共感できるのが、この作品が多くの人に愛されている理由なのだと思いました。

小野花梨「これまでのご縁が積み重なって今に至った」 『初恋、ざらり』で連続ドラマ初主演(ananweb) – Yahoo!ニュース

と、役作りの難しさを語っていました。

このことからも、役に対して深く考えていることがわかると思います。

次にあげられるのは、観察力です。

実際に、ドラマ「初恋、ざらり」で共演した風間俊介さんは、インタビューで

バランス感覚が非常に優れた方で、自分がどう主張をするかではなくて、みんながどんな気持ちになるか、今どんな状態なのか、それでいて自分はどういう立ち居振る舞いをしたらみんなの最善のピースになれるのかというのを常に考えていらっしゃる方です。

W主演・風間俊介が小野花梨との縁を語る「彼女に対しての気持ちは“尊敬”という言葉が一番ふさわしい」:初恋、ざらり | テレビ東京・BSテレ東の読んで見て感じるメディア テレ東プラス (tv-tokyo.co.jp)

と、絶賛しています。

風間さんとは、映画「鈴木先生」で初共演しています。当時小学生だった小野さんでしたがその高い演技力に風間さん自身も驚いたそうです。

今回は、その演技力だけではなく、役に対する姿勢や周りの状況などが捉えられるといったことに感銘を受けていました。

このように、小野さんの観察力は素晴らしいものだとわかります。

[まとめ]小野花梨が好かれる理由

今回は、小野さんの人気の秘密と、演技力の秘訣について紹介しました。

現在のような高い演技力は、子役からの努力の賜物ということがわかりましたね。

今後も、多くのドラマや映画に出演すると思います。

これからの活躍に期待したいですね。

エンタメ・芸能
シェアする
やどかりをフォローする
yadokariblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました