山本太郎議員辞職の理由は?有権者の反応は?れいわ新選組どうなる?

時事ニュース

2022年4月15日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

元タレントで、現れいわ新選組代表の山本太郎議員が辞職する意向を表明しました。

これまで、圧倒的な発言力と力強さで、国会においても存在感のつよい議員であっただけに、突然の辞職表明に驚きの声が聞かれています。

そこで今回は、

・山本太郎議員が辞職する理由は?

・山本太郎議員辞職後はれいわ新選組はどうなる?

・山本太郎議員辞職に対する有権者の反応は?

などについて、まとめていきます!

※山本太郎議員の記者会見後には、内容の要点をまとめて追記いたします!


山本太郎議員の辞職の理由は?

2022年4月15日の14時より、山本太郎議員本人による辞職理由についての記者会見が予定されておりいますので、そこで本人の口から辞職に対する理由は明らかになってくると思いますが、

すでに、今回の辞職については、その理由について話題になっております。

・自らが比例代表選出なのを利用して、選挙の度に辞職して席を譲る策略
・自分がまた比例選挙に出て、議席を得る
・辞めても、れいわ新選組で繰り上げ当選になるから、辞職して参議院選挙に自分自身が出て比例票を稼ぐ。

などの憶測がすでに飛び交っております。

もちろん、今回の記者会見において、山本太郎さんを信じて票を入れた人達を裏切るような発言は控えられると思いますが、

果たして、その真相はどうなるのか?

そして、山本太郎議員は、記者会見で何を語るのか?

追記:2022年4月15日14:20

山本太郎議員からは、記者会見にて。
はっきりと今後の参議院選挙に出馬するための辞職である旨の説明がありましたね。
参議院選挙後に生まれる、選挙の行われない空白の3年間に自民党主体による政治の暴走を止めるため!と語気を強めて話していました。

消費税の増税や、戦争に対する国家支援、国民を無視した政治改定などに物議を醸し、永田町において「ややこしい立場の人間」になるために、辞職することとお話しておりました。

これから行われる参議院選挙にて、国民がどう判断をして票を入れるのか、
再び、山本太郎議員の言葉にどれだけの人々の心が動かされるのだろうか。

山本太郎さんは、一旦議員バッジを手放して、選挙区での出馬を表明しております。
山本太郎さんの思いのこもった言葉と、これからの国の為に、我々国民は何を考えるのか。

少なくとも、山本太郎さんの影響で、少しでも選挙に興味を持つ人がいることは間違いないと思います。


山本太郎議員辞職後のれいわ新鮮組はどうなる?

山本太郎議員がれいわ新選組を退いた後は、同党の櫛淵万里議員が代表を引き継ぐ見込みと言われていますが、果たしてどうなるのでしょうか?

山本太郎議員の会見に注目です。

櫛淵万理(くしぶちまり)議員

追記:2022年4月15日14:30

記者会見の事前に話が上がっていた、櫛渕万里議員が山本太郎議員の意思を受け継ぎ、1議席を守っていくことになりました。

櫛渕議員は山本太郎さんの政策、国を良くする為の考え方に深く共感を受けており、これからも協力しあって日本国の改革のために至極を尽くしていくつもりでいるようです。


山本太郎議員辞職に対する有権者の反応は?

すでに今回の山本太郎議員の辞職については、議席獲得のための計画的な辞職であるという憶測が広まっており、圧倒的に否定的な意見が多くなっている印象です!

比例当選だから 参議院選挙出馬で もう一議席増やすんでしょうね あ~、いやだいやだ!

衆院議員を辞職して、票集めで参院に鞍替えすると予想していたけど、国会の会期中とは思わなかったな。国会議員としての仕事よりも、党利党略ということですね。ならば、なんで参院議員になろうとするんですかね。というか、有権者をバカだと思って、見下しているんですよね。山本太郎とれいわ新選組。

山本太郎さんが議員辞職。このタイミングなので鞍替えで参議院選挙に出るという事でしょう。

れいわ新選組の戦略は、山本太郎代表の議席のロンダリング議席で増やすこと。
そのために当選して辞職することを繰り返すのは固い戦略。
参院選表裏4議席 衆院選で4議席(前回1議席ミスで失った) の計8議席まで増やす見込みは立つ。
✴︎杉並で小選挙区で勝っていたらどうなってたんだろ。

というように、政治家のダークな部分による悪いイメージで推測をしている意見が多いです。


まとめ

以上。

これまで、まっすぐに自分の意見を発し、支持者へ絶対的な自信を表明し、見事に当選を果たしたばかりの山本太郎議員は、

山本太郎に票をくれた人への裏切りでは無い!と公言し、あくあでも政党への指示をもらったものと解釈をしていました。

せっかく得ることのできた議席を離れることは、不本意であるような心意を話されていましたが、

山本太郎さんの国に対する思いが本物なのかどうかは、今後も注目していきたいですね!


時事ニュース
やどかりをフォローする
yadokariblog

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました