サマソニ2022でワンオクの前は誰?出演前の会場の歓声は?

ライブ イベント

2022年の8月20日〜21日に行われたサマソニ2022にて出演していた

大人気ロックバンド「ONE OK ROCK」(ワンオク)のボーカルTAKAさんが、

コロナ感染対策として、観客の声出しを禁止されているところを、

TAKAさん自らが観客を煽って声出しを促したことが大きな問題になっており、

ロック愛と、コロナ禍である状況下との

考え方の違いで、ファンの皆さんも大変困惑しております。

TAKAさんは、

「前のアーティストのメーガン(MEGAN THEE STALLION)でもあんだけ声出してたんだから、いくら出したって関係ねぇだろこれもう!」

と切り出していたようなのですが、

今回、ワンオクだけが問題視される形になっていますが、

実際にワンオクの前に出演していたメーガンさんのステージではどのような会場の状況だったのでしょうか?

ワンオクの前のアーティストは?

メーガンさん

では実際の、メーガンさんのステージを見てみましょう!

日本の人気アニメ「セーラームーン」の衣装で身を包んだメーガンさん

圧倒的なパフォーマンスで、ダンスをしながら熱唱しております。

ダンスの振り付けが激しくなると、

確かに、観客からは歓声が上がっていることがよく分かります。

ワンオクTAKAさんの言動の真意は?

ワンオクのTAKAさんが、観客の声出しを煽ったことは、確かにルール違反になってしまうかもしれませんが、

自分達の出番の前に、このような歓声が聞こえていたら、

たとえダメだと分かっていても、できるだけ盛り上げたい!となる気持ちも理解できなくもありません。

そもそも、ワンオクのTAKAさんは、出演の前から観客を煽ることは決めていて、

今回のステージに立っているようですが、

出だしのメッセージが、少し過激になってしまった理由として、

そもそもの会場の状況から、ワンオクの出演前から観客の感染対策へのルールは崩壊していたように感じられます。

今回の一件、

ワンオクのTakaさんだけを責めるのか、

それとも、その場にいた全員で考えるべき問題なのか。

イベントエンタメ時事ニュース
やどかりをフォローする
yadokariblog

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました