青柳美扇の2022年個展について調べてみました!書道の魅力とは!

青柳美扇 エンタメ

美人書道家として有名な青柳美扇さん

美しいルックスながらも、そのダイナミックで力強い書で、書道の魅力を伝えてきています。

大きな白い台紙へむけて、大筆で書かれた書は、本当に芸術品ですよね。

2021年の11月には、渋谷区の恵比寿にて、ご自身の個展を開いたばかり。

ですが、青柳美扇さんの書を間近で見たい人は多いはず。

そこで、青柳美扇さんの2022年の個展の予定などは無いのか、調べてみました。

青柳美扇

コロナの蔓延も、懸念されるところなのですが。

青柳美扇さんの作品に触れる機会はあるのか、探ってみました。


2022年青柳美扇さんの個展は

調べてみたところ。

どうやら、青柳美扇さんの2022年の個展は、今のところ開催の予定などは無いようです。

過去の活動を追ってみても、青柳美扇さんは、自らの個展を開く機会がそんなに無い印象を受けました。

ですが、青柳美扇さんへ依頼をして、書を披露する機会は多く、メディアや全国でのイベントなど、

依頼を受けて活動的に書をしたためていらっしゃます。

なので、個展は開かれなくても、

青柳美扇さんの作品を見る機会は、意外と全国的にありそうです。

そんな中でも、代表的なものを紹介します。


青柳美扇さんの作品


メディア出演時の様子

青柳美扇さんは、年明けからすでに、いくつかのテレビに出演し、書道を披露しています。

○1月4日には関西ABCテレビ『おはよう朝日です』に出演し、  の文字をしたためています。

○1月4日『開運なんでも鑑定団』にも出演!

番組タイトルにもある 開運 の文字を書いて披露しております。

容姿も美しいながら、書道家としての実力も凄いと思いますので、メディアでのお仕事の依頼は結構あるような印象を受けますね。

特に、年明けのお正月には、書道のお仕事の依頼は、多いのでは無いでしょうか。

また、2021年に発売となり、絶大な人気を誇るゲーム『モンスターハンターライズ』

そのゲーム内に出てくる筆文字も、青柳美扇さんが出掛けたものです。

青柳美扇書ゴジャハギ

私、モンスタハンターやったこと無いのですが。

こんな感じで、モンスターが紹介される演出なのですかね!?

キャラも文字も迫力がありすぎて、、こんなモンスター。狩れるんですか!?って感じです。

雪鬼獣 ゴジャハギ て。 怖すぎやん。

でも、これをきっかけにサイトを見ていたら、このゲームやってみたいかも。

これも、青柳美扇さんの書のおかげかな。笑


イベントでの様子

こちらは、大阪府松原市にある大型ショッピングモール セブンパーク天美 での様子です。

2021年の11月21日に、作品のお披露目とトークショーを行っています。

長野県にある『御嶽スキー場』では、ロゴ提供をしています。

御嶽スキー場のHPにて、存在感ありありで掲載中です。

2021年の2月には、国立競技場のメインスタンドに飾る書も書いていますね。

聖地 って、 素晴らしい。。

私は、すぐに見に行ける距離では無いのですが。

この作品は、まだ飾られているんですか??笑

近くの人達が羨ましいです。

まだまだ、たくさんのイベントに出演され、書のお披露目や、作品提供、トークショーなどを展開されています。

2022年のイベント予定は、まだありませんが。

毎年、たくさんのイベントを行っているようなので、今年の活動にも注目していきたいですね。


お仕事の依頼も受けています。

ご自身のサイトにて、たくさんの活動紹介と、お仕事の依頼も受け付けているようです。

大人気の書道家さんなので、お仕事の依頼も多そうですね。

青柳美扇さんのサイト 『 美扇 』 ← こちらからチェックしてみてください。

BISEN AOYAGI オリジナルポストカードの販売を2022.1.11(火)より開始いたします。
「美の鳳凰」等、美扇の立体作品の代表作もラインアップ予定

みたいですよ! 欲しい方は、青柳美扇さんのサイトからお買い求めください。


青柳美扇さんの書の魅力(まとめ)

青柳美扇

青柳美扇さんの書の魅力は、たくさんあると思うのですが。

・大きな台紙にしたためる書のダイナミックなパフォーマンス
・個展としての書道を、現在アートとして多彩にみせる表現力
・大胆かつ繊細で、美しく力強い、作品の数々
・まだ31歳とお若いのに、書にかける努力の積み重ねによる、現在の実績。

以上のことにあると思います。

今後の活動に期待することと。

個人的には、モンスターハンターライズをプレイしてみたいと思います。笑

また、1月12日(水)21時『今夜くらべてみました』(日本テレビ)にも出演しますので、

みなさん、乞うご期待!


エンタメオススメ情報
やどかりをフォローする
yadokariblog

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました