わたしの幸せな結婚の実写化がひどい!と言われる理由はなんで!?

わたしの幸せな結婚

2023年春に実写映画化されることになった『わたしの幸せな結婚』

すでにメインキャストの発表はされていて、

・目黒蓮さん(25)SnowManメンバー
・今田美桜さん(25)

のキャスティングが発表されていますね!

ジャニーズの大人気グループのメンバーと、大人気若手俳優の組み合わせに、映画の人気は間違いないと思いきや、

公開前から、「実写化してほしくなかった「実写化がひどい!」などの批評もあります(泣)

なぜ、そのようなことが起きているのか、その理由を探ってみます。

【わたしの幸せな結婚実写化がひどい】と言われる理由

わたしの幸せな結婚の原作が小説なのは、皆様御存知だと思いますが、

現在は漫画化やアニメ化もされて、コミックも第6巻まで発刊されております。

しかし、これから公開される実写映画化においては、批評する事が多いのは、何故なのでしょうか?

① 原作の人物像とキャストのイメージが合わない

わたしの幸せな結婚のメイン登場人物である斎森美世(さいもりみよ)と、久堂清霞(くどうきよか)の人物像や、その世界観は実写化は難しい!と考えているファンが多いようです。

人気グループSnowManの目黒蓮さんと、今田美桜さんは、世間的にもファンも多く、アンチはほとんどいないようなイメージなのですが、
それと、映画の実写化とは話は別のようです。

中でも、わたしの幸せな結婚では、
名家・久堂家の当主である久堂清霞の原作でのイメージと、SnowManの目黒蓮さんのイメージが違うと感じている人が多いらしくて、

久堂清霞は、冷酷無比な軍人と言われながらも、見た目は美しく、真っ白な肌と透けるような薄茶色の髪、青みがかった瞳、ほっそりとした容姿と中世的な容姿をしている。男性とは思えないほどの儚い美しさある人物である。
しかし、高身長でほっそりはしていますが、見た目が男らしい目黒蓮さんとはイメージが違うようです。

斎森美世は、自己評価が低く物静かで儚い印象、元気で底なしに明るいイメージの今田美桜さんとは、少しずれているように思われてしまっているようです。

② 原作とは違った演出っぽい。。

原作のわたしの幸せな結婚では、女性である斎森美世が主人公のシンデレラ・ストーリーなのですが、

すでに告知されている実写版では、目黒蓮さんの単独主演であることが発表されています。

つまり、久堂清霞が主人公の演出に切り替わっているということになりそうです。

これには、確かに原作をすでに呼んでいての大ファンからしたら、納得できるものでは無いのかも知れませんね。

実写化するなら、原作を忠実に再現していてほしいのは、誰しもが抱く感情なのでは無いでしょうか。

③ そもそもの実写化には向かないと思っている

わたしの幸せな結婚は、ヒロインのシンデレラ・ストーリーでありながら、

異能といって、物語独特の世界観があり、要は特集な能力を使って魔物を倒すみたいな要素もあります。

ですが、物語のメインは恋愛ストーリーであるために、このファンタジーと恋愛の微妙なバランス感が実写では難しいと考えている人も多いようです。

もし、どちらかを過剰演出とかになってしまうと、せっかくのストーリーや世界観に引き込みにくいと感じているようです。

確かに、納得できる視点ですね。

原作ファンは、すでに評論家みたいになっていて、懸念ポイントが的を得ていると思いました。

【わたしの幸せな結婚実写化がひどい】原作の世界観

わたしの幸せな結婚は、明治・大正初期の時代背景となっています。

なので、出演者は着物ですし、古き良き日本の和風の世界観が美しく表現されています。

前述したように、物語は斎森美世のシンデレラ・ストーリーでありながら、ファンタジー要素もありますので、

結構若者向けのストーリーになっていると思います。

原作では、主人公の斎森美世が母の死をきっかけに、父の再婚相手の義母や義妹にとてもきつく当たられて硬みの狭い思いをしながら生活をしています。

そこで、妹が実家を引き継ぐことになった為、家を出ないといけなくなってしまった美世は、久堂清霞に嫁ぐことになり、久堂家へと身をおくことしかできなくなる。

冷酷無慈悲といわれている清霞と美世との、恋愛がどのように移り変わっていくのかを、描いたストーリーです。

小説ならではの描写に心惹かれたファンは多く、実写化へのハードルがかなり高いものになっているのも事実です。

【わたしの幸せな結婚】追加情報!

2023年に公開予定の映画「わたしの幸せな結婚」の公開前情報を、随時更新していきます。

2022年10月14日付け最新情報

めざましテレビにて、映画「わたしの幸せな結婚」の最新映像クリップが公開されました。

はじめてるろうに剣心の実写化を見たときのような、革新的な印象で、普通に面白そう!

【わたしの幸せな結婚実写化がひどい】まとめ

以上、今回は映画「わたしの幸せな結婚」がひどい!と言われている理由について調べてみました。

しかし、映画の公開を機に原作をしる人がいることもまた事実、どちらにせよ、原作が更に多くの人に広まってくれるきっかけになることもあります。

それに、役者さんを舐めては行けないと思う私もいます。

原作とは、少しのズレが生じたとしても、実写版としてすばらしい作品になっていることを期待していきたいですね!

エンタメ
やどかりをフォローする
yadokariblog

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました