岸優太は少年時代どんな子だった?野球少年でやんちゃエピソードだらけ!?

岸優太

元King&Princeのメンバーで、リーダを務めていた岸優太さん。

最近では、バラエティでも多く活躍しています。

視聴者を楽しませるキャラクターで、バラエティ界の革命児とも呼ばれています。

岸優太さんは、ジャニーズJr.だったころからバラエティやドラマに多数出演していました。

今では、天然でいじられキャラで、グループや共演者から愛されていますが、少年時代はどうだったか気になりませんか。

今回は、King&Princeの岸優太さんの少年時代について紹介していきたいと思います。

岸優太は少年時代どんな子だった?

岸優太

今では大人っぽく落ち着いた雰囲気を持っている岸優太さんですが、少年時代はどうなのでしょうか?

子供の頃は、高い場所からジャンプして、骨を折るなど、傷つきやすくて、病院に行くことが多かったそうです。

鼻に物を入れて、そのまま何日も放っておいたら、親に見つかって大変なことになったこともあったそうです。

岸優太

このことから、いたずら好きな子供で、一般的な男の子だとわかりますね。

小学校2年生の時に、初めて恋をしたそうです。

岸さんの初恋の相手がだれか、気になりますね。

岸さんは、小学生から、料理が得意で、兄弟にチャーハンなどを作ってあげていたそうです。

ベッドを船に見立てて、妹と一緒に釣りをする遊びをするなど、仲良く過ごしていたそうです。

小学校に入ってから、野球をやり始め、川越野球連盟に所属する少年野球チームで活躍するなどスポーツにも積極的だったみたいです。

そんな、岸さんは父と兄と妹の4人家族のため、父親によって育てられました。

一人で3人の子供を育てるのは、簡単なことではなかったでしょうね。

母親がいなくて料理をしていたのではないでしょうか。お父さんはありがたかったでしょうね。

2008年13歳の時に川越市立初雁中学校に入学し、野球部に所属します。

中学生の時に、初めて恋人ができましたが、ジャニーズに入る前に、別の子と仲良くしているのを目撃してしまい、別れてしまいました。

叔母さんが履歴書を送ってくれたおかげで(写真は丸刈りだった)、中学校2年生の時に、ジャニーズ事務所に入ることができました。

「ジャニーズ事務所に入所したばかりの頃は、レッスンなどで苦労しました。」と言っています。

「キラキラした部分ばかり目にしてたけど、その裏では、必要なことや大変なことが沢山あるんだと気づかされた。」と当時の苦労を語っていました。

岸優太がジャニーズに入ったきっかけは?

岸さんがジャニーズに入るきっかけになったのは、叔母さんの影響でした。当時、岸さんは勉強が大嫌いだったらしく、“試しにやってみようか”と考えて、オーディションに応募したそうです。

芸能界に入る前はあまり関心がなかったそうですが、続けていく中で踊りや芝居にも楽しみを見出していったそうです。

岸優太

叔母さんが芸能界への道を開いてくれたり、実家から荷物を送ってくれたり、色々と世話を焼いてくれることに今は感謝の気持ちを持っていると、インタビューで話していました。

叔母さんは岸さんにとって母親のように大切な人だそうです。

叔母さんは岸さんの可能性を見抜いて履歴書を送ってくれたのでしょうね。

履歴書を送るだけでなく、色んなことで助けてきてくれたのでしょうね。

叔母さんは岸さんの成功を一番応援しているかもしれませんね。

[まとめ]岸優太の少年時代

今回は、岸優太さんの少年時代について紹介しました。

岸さんの少年時代は、いたずら好きで、野球が好きな元気いっぱいの男の子だということがわかりました。

また、恋愛では、すぐに冷めてしまうような性格も持っていたことがわかります。

ジャニーズJr.だったころから目を引いており、ドラマや映画などで俳優としても活躍してきました。

俳優としても主演ドラマを持つなど、俳優の中でも期待されています。

今後の活躍に期待ですね。

エンタメ・芸能
シェアする
やどかりをフォローする
yadokariblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました