北朝鮮はなぜ日本にミサイルを打つのか?その理由が知りたいよ

ミサイル

連日、ニュースになっている北朝鮮から打ち上げられる弾道ミサイルですが、

「またか!」と落胆する日本国民も多いかと思います。

ですが、なぜそんなにも北朝鮮は日本へ向けてミサイルを打ち上げるのか?

詳しい事情って知っていますか?

北朝鮮はなぜ日本にミサイルを打つのか?

2022年10月4日、突如テレビやラジオで、警戒アラートを伝える緊急報道が流れました。

その理由は北朝鮮から放たれたミサイルが、日本の北海道、青森の上空に向かっているため。

対象地域の住民の皆様の不安や緊張を煽ったことは言うまでもありません。

なぞ多き、北朝鮮という国は、なぜこんなにもミサイルを打ち上げるのでしょうか?

抑止力をみせている

北朝鮮とアメリカは、関係性が良くないことは言うまでもありませんが、

アメリカの元大統領ドナルド・トランプさんは北朝鮮の総書記のことを

「ロケットマン」と呼ぶほど、北朝鮮のロケット打ち上げを取り上げて舐め腐っておりましたよね。

当然、舐められた北朝鮮からしたら胸糞悪いです。

なので、アメリカに対して、

「舐めんな!北朝鮮もこれだけの軍事力があるんだぞ!!」

との主張をしているのです。

アメリカに対して、いつでも攻撃できると思うなよ!と、威嚇して自らの軍事力をアピールしている。つまりは抑止力を働かせているのです。

でもまあ、アメリカへの威嚇のためにミサイルを飛ばされる日本としては、たまったもんじゃないですが。

ミサイルを打つ方向が日本側しかない

でもなぜ、アメリカへの威嚇行為で放つミサイルは日本の上空ばかりを狙って打つのか?

それは、

「日本の上空を飛ばすしか無い」

という説があります。

日本より北寄りにミサイルを打つと、ロシアの領土を脅かすので、ロシアと戦争になってしまう可能性がある。

また、日本より南寄りにミサイルを打つと韓国の領土を脅かすことになるので、韓国と戦争になってしまう可能性がある。

なので、民主国家で何よりも争いを嫌う日本の上空を飛ばしたほうが、北朝鮮からしたら都合が良いのです。

日本は、北朝鮮に対して、抗議の主張はしますが、決して自ら戦争を起こすようなことはしません。

戦争の痛みを知っている日本だからこその在り方ですが、北朝鮮とアメリカには、間に日本があることを忘れてほしくないところです。

まとめ

簡単ではありますが、北朝鮮がミサイルを打つ理由についてまとめてみました。

また、もっと明らかな情報があれば追記していきます。

個人的には、閉ざされていて全く国内の情報が分からない北朝鮮ですが、こう何度もミサイルを打ち込むほどの国家予算はどうやって稼いでいるのでしょうか。

気になるところですので、今後も調べていきたいと思います。

時事ニュース
やどかりをフォローする
yadokariblog

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました