第98回箱根駅伝は青学の総合優勝!それとフリーザ様が素晴らしい!

スポーツ

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が2年ぶり6度目の総合優勝を飾り、幕を下ろしました。

自身のチームの持つ大会記録を大きく更新し新たな大会記録を残し、

また、青学が歴史に名を刻みましたね。

出られなかった選手の思いも含めて、本当にチーム一丸となって勝ち取った総合優勝だと思います。

その他にも、素晴らしい追い上げを見せる選手や、

全力を出し尽くして走り切る選手の皆さんの姿に、今年も感動しました。

選手のみなさん、大会関係者のみなさん、本当にお疲れさまでした。


原監督と選手達との信頼関係

総合優勝を果たしてなお、監督の原さんの口からは、あくまで選手たちを褒める言葉が印象的でした。

選手に対し、絶対の信頼感と、チーム力のマネジメントは、本当に素晴らしいのでしょうね。

いくら個人個人が早くても、それだけのチームだと、決して勝負には勝てないと思います。

4年生は、春には社会人としての再スタートを切ることになりますが、きっと培った精神力は、どんな仕事についても発揮されることでしょうね。

話は変わりまして、


今年もフリーザ様は素晴らしかった

ごめんなさい。 私の情報不足で、フリーザ様の観戦情報などを上げてしまっていたのですが、

もともと、今大会も。新型コロナ、オミクロン株の拡大の懸念から、大会運営より、沿道での観戦を遠慮するように呼びかけられていたようですね。

それなのに、昨日の往路も含めて、沿道に出て観戦、応援をする人達が目立っていましたね。

大会運営からの情報を知らなかった人達も多かったということでしょうか。

それでも、今や箱根駅伝の風物詩ともなっているフリーザ様達は、ちゃんと大会の情報をキャッチし、

今年も姿を見せることはありませんでした。

いまや注目される存在であることをしっかり自覚されて、見本となる行動で示されていました。

私、箱根のフリーザ見たことは無いのですが、余計気になる。好きな存在になりました。

来年こそは、思いっきり応援できる環境になっていてほしいものですね。

本当にみなさん、お疲れさまでした。


スポーツ時事ニュース
やどかりをフォローする
yadokariblog

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました