ふたご座流星群2021沖縄本島でのピーク日時や観察スポットの紹介

オススメ情報

2021年ふたご座流星群の時期が近づいてきました。

3大流星群の一つであるふたご座流星群、2021年も見頃の時期が近づいてきました。

ふたご座流星群は、毎年、確実に沢山の流星が観測できて流星数が多い事から、有名です。

多いときでは、1時間に40個もの流星を見ることができます。


今年の観測に適した日時は?

2021年のふたご座流星群のピークは、日本時間の12月14日16時頃だと、予測されています。
当然、その時間帯は日本ではまだ明るく星空を見ることができないため。その前後の暗い時間帯が観測に適していると言えます。

ですから。

①12月14日(火)20時頃から15日明け方
②12月13日(月)20時頃から14日明け方

この、2つの時間帯が、ふたご座流星群の観測に適した時間帯と言えます。


沖縄県本島地域での星空観察に良いスポットは?

ここからは、沖縄県本島の観察スポットを紹介していきます。


北部地域であれば

辺戸岬(へどみさき) 
引用元:http://kunigami-kikakukanko.com/itiran/06.html

《アクセス経路》
●車:那覇空港より豊見城ICから高速道路に入り許田ICで降り、国道58号で辺土名へ。
●バス:那覇空港より高速バス(系統番号111)で終点の名護バスターミナルで下車、路線バス(系統番号67)に乗り換えて辺土名へ

辺戸岬から見られた、星空の様子です。ぜひ、御覧ください。

「辺戸岬星空360度バーチャル体験」

引用元:http://kunigami-kikakukanko.com/itiran/06.html

営業時間:24時間営業
駐車場・トイレあり
※当日は、混み合う可能性があるため、事前に情報を得てから目的地へ向かったほうが良さそうです。混み合い情報等は、こちら

茅打ちバンタ(かやうちばんた)
引用元:http://kunigami-kikakukanko.com/itiran/05.html

高さ80mもある断崖が東シナ海へ向かって切り立っており、空と海を一望できる景勝地です。

《アクセス経路》
高速 許田インターから 約10.5km約22分
(那覇空港から許田:高速利用約68.5km約65分) 計約1時間30分

営業時間:情報なし
 駐車場(無料)・トイレあり
・休憩所あり
 ※茅打ちバンタ詳細情報:こちら

国頭村森林公園(くにがみそんしんりんこうえん)

《アクセス経路》
・那覇空港より車で約2時間30分
・沖縄自動車道 許田ICからは車で約65分

バンガロー、キャンプ場もあり、施設としての完備は充分ですが、園内の利用時間に限りがあるため、可能であれば宿泊も兼ねて星空観察ができたら、理想ですね。また、天文台施設もあるのですが、現在は観測機器の更新のため、閉鎖しているようです。 ですが、その付近では、美しい星空が見られることは間違いないですよ。 詳しくは、メインHPにて。


中部地域であれば

残波岬公園(ざんぱみさきこうえん)
画像元https://www.yomitan-kankou.jp/tourist/watch/1611315137/

紺碧の空と海に白亜の灯台がそびえ立つ、読谷村が誇る日本有数の景勝地!

駐車場あり無料・トイレあり
※営業時間が、9時30分~16時30分と早いため、暗くなってからは岬の方へは行けないと思いますが。 駐車場付近は、開けている場所なので、360度の空を見ることが出来ます。

万座毛(まんざもう)
画像元:https://www.vill.onna.okinawa.jp/about/information/1484719566/1484720229/

沖縄本島のほぼ中央に位置し、琉球石灰岩の断崖から臨む東シナ海は、とても綺麗で雄大な景色が広がります。

《アクセス経路》
ローソン恩納万座毛入口店向かいの上り坂を800M直進。

営業時間:8時~19時まで 駐車場・トイレあり
※こちらも安全のために岬までの入時間に制限がありますので、近くの場所で車を停めて、星空を観ることになります。
詳しいお問い合わせは、こちら

浜比嘉島(はまひがじま)

沖縄本島と橋で繋がる島、「浜比嘉島」沖縄県民にも夏のBBQには有名なスポットとして愛されています。
高い建物など無く、辺りも落ち着いており、きれいなビーチも広がっているので、星空観察もしやすいと思います。
施設ではないので、利用時間の制限や、トイレなどはありません。


※ですが、実際に近所に住んでいる島の住人の方々もたくさんいらっしゃいますので、星空観察においてもマナーは注意してください。

浜比嘉まで向かう途中に「海中道路」と、海面と近い道路も有名ですので、そちらで星空を眺めても良いかもしれません。
そこなら、駐車場や、トイレもございます。

恩納村・おんなの駅(おんなそんおんなのえき)

58号線を北向けに走っていると、恩納村に入ってすぐに右手に見えてくる「おんなの駅」。日中は、様々な物産や、沖縄らしい食べ物なども多く、たくさんの人で賑わっています。

《アクセス経路》
・国道58号線で約60分
・沖縄自動車道 石川IC下車 – 県道75号線 – 国道58号線 約45分 650円

営業時間 10:00~19:00
定休日  年中無休
駐車場あり(無料)

※ごめんなさい、ここも道の駅は営業時間がありますので、駐車場も閉まってしまうのですが。 道の駅の周りは、ひらけた場所になっていて、車も停めやすくなっています。
ですが、大通りが近いので、車の交通量が多く、少し明るいかもしれません。


南部地域であれば

百名ビーチ(ひゃくなびーち)

本島南部で代表的な天然ビーチ。遠浅なビーチのため、静かな波の音とともに星空も眺められたら、ロマンティックですねー。

《アクセス経路》
・那覇空港から22km 車(一般道)で50分
・沖縄自動車道 : 南風原南ICから車(一般道)で30分

営業時間:天然ビーチのため、定め無し
駐車場あり(有料)500円
トイレ・シャワーあり
入場料:無料

豊崎にじ公園付近(とよさきにじこうえんふきん)

幼児道具の下が柔らかいマットになっており、小さいお子さんのいる人にも安心して遊ばせられます。と。。 すごく広い公園です。夜空は360度見渡すことができますし。 海添に行けば、無駄な光に邪魔されること無く、観察できます。

豊崎にじ公園
営業時間 8:00~22:00
入場料無料  駐車場あり
※22時過ぎには、駐車場が閉まってしまいますので、注意してくださいね。


まとめ

結論を、お伝えさせていただければ。観測当日は、沖縄県の全地域の空で、観察が可能です。

なので、まわりに高い建物が所や、明るい場所は避けて。空全体が広く見えるような場所であれば、OKです。

また、当日は月明かりも明るいことが予測されていますので、できれば月と反対方向の空の方角が、流星を確認しやすいかもしれません。

では、お友達や、ご家族、カップルなどでも、素敵な星空観察ができますように。

あと、沖縄県といえど、夜間帯は寒くなってきておりますので、防寒対策もお忘れなく!


オススメ情報時事ニュース
やどかりをフォローする
yadokariblog

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました